--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.03.31 12:29

 ついにやられちゃいました~。

 昨日の記事で書いた『ポイントサイトでのヤなこと』は、まんぷく島から強制退会くらったことでした~。

 あるあるって聞いていたので、覚悟は決めていたんですけどね。
 なので、ログインできなくなった瞬間に問い合わせメール出しましたよ。

 やはり、

まんぷくじまで1年以上の広告利用がないため、当まんぷくじまに相応しくない方と判断させていただきました。


 ということだそうです。

 いつのまにやら増えた規約の第15条に書いてあるんですけどね、これ。
 クリックでのポイント増減は考えてくれないわけですね。アクションを起こさなければダメだっつーことです。
 でもさー……クリックとか検索でもポイントサイトには報酬が入るんじゃないの~? わずかながらさ。じゃないとあんなに各サイトで検索フィーバーは起きないんじゃないの~? ぐちぐち。

 ちなみに、当日の朝まで普通にログインできていたんですが(常にログインしている状態)、ふとポイントの内訳が気になって個人の部屋のタグをクリックしたら、二度とログインできなくなりました。
 だからもしかしたら、もう少し前から退会だったのかもね~。
 ちなみにポイントは500オーバーでございました。

 ……まあ、よく聞く、換金申請中での強制退会ではないからマシなのかねぇ……。
 横綱会員だったから、1000ptでマメに交換できていたのがかなりの救い。

 ああ、これで貴重なJNB入金サイトがひとつ減りましたよ。ううう。

 まっ、強制的にサイト整理ができてよかったね、ってことにしときます。

| 消えた・辞めたサイト | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

こんにちはー(〃^∇^)o

そげなことがあるんですかぁ。
彡(-ω-;)彡
私もじゃ、換金前に強制退会にされちゃうんですねっ。
そりゃこのまま…現状維持で…。
強制退会になった時には楽しい記事にしたいと思うのでありますっ。
ここでアクション起こしちゃったらまんぷくさんの思う壺ですよねっ。 あっ、でも3,000円捨てるのは惜しいか…な。
強制退会されてナンボのまんぷくさんってことですね~。
一年もかけずにとっととクビにしてくれればいいのにねっ。
結局クリックしてもらったりすることで…稼いでるサイトなんでしょうねっ。
そーかそーか。 勉強になりましたっ。
ありがとーでしたっ。
(〟-_・)σ

| ちゃっちゃ♪ | URL | 2009.04.04 16:18 |

■ ちゃっちゃ♪ さん

 最初は、このブログに訪問してくださっていた方の、さらにそのお友達からの情報でした。(遠いな(笑))。
 その方は3000円での換金申請だったかと思います。で、申請を出したあと、入金されるまでの期間に強制退会された、との報告を受けました。11月末から12月頭くらい。残念ながら、ここに訪問してくださった方は今はブログがないので記事を紹介できないのですが……。
 私は横綱会員だったので1000ptから申請できていましたのでね、強制退会は覚悟の上で、前回の換金のあとも退会せずにやってたんですけどね~。やられちゃいました(汗。
 ネットで調べてみたところ、こういう方はかなり多いようです。一年何のアクションも起こさずに換金申請した方は、ほぼ間違いなく強制退会させられる、という印象……。
 なので、1000pt程度ならともかく、やはり3000円は……惜しいですよね。個人的にはカンタンなのでいいから、とにかくアクションを起こして3000円をもらってから退会されるのがいい……とは思いますが……問題が……。
 問題とは! ネットでの情報をみたところ、そのアクションも承認されず、強制退会された方もいらっしゃるようです。なので、迂闊に勧めることもできないのが現状です。ネット上の話なので事実関係は確認できないのですが、その恐れは十分にあると思います。
 一時は栄華を誇ったまんぷく島ですが、運営が代わってからは、とても人様にオススメできないサイトに成り下がった模様です。なので私もそのあたりから記事内リンクを外すようにしてました。
 なんでこんなことになっちゃったんですかね~、まんぷく島。

| rika | URL | 2009.04.05 00:50 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


..:アフィリエイト ..:無料 ..:ポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。